お知らせ

Tシャツプリント!用途に合った印刷方法をえらぼう!

更新日:

 

「とりあえずTシャツに作品を印刷してみたい。お店はどこでもいっか~。と思っている。」

「ネットでいろいろみた結果、たくさんの業者があって迷っている。自分に合うものをえらびたい。」

「安くて速いを求めるとクオリティが心配。」

 

そんな方に読んでいただきたい内容となっています。

 

こんにちは。アトリエSubaruスタッフの高山です!

ぼくは2018年にオープンした大阪のアート複合施設【アトリエSubaru】で

クラス・ギャラリー・デザイン事業と、インクジェットプリンターによる個人向けの印刷を行っています。

 

ぼく自身も普段から、描いた作品をTシャツやカバンに印刷してグッズ化するために印刷技術を利用しています!

(作品はなかなか売れなくても、Tシャツにしたら売れる!という禁断の魔力の虜と化しております。)

 

 

今回は、印刷をしてみたいけれど迷っているというかたへ向け

「印刷をもっと気軽に!」という気持ちで書いていきます。

ぜひこの記事をよんで、ご自分に合ったプリントを選んでくださいね!

 

Tシャツプリント!用途に合った印刷方法をえらぼう!

 

✅目次

服の印刷にはどんな種類があるの?人気の印刷技術は2つ

①シルクスクリーン

②インクジェットプリント

手軽さ+クオリティを求めるなら、インクジェットプリント一択

・アトリエSubaruでプリントするメリットとデメリットは?

 

 

服の印刷にはどんな種類があるの?人気の印刷技術は2つ

①シルクスクリーン(Screen printing)

 

印刷といえば、こんな作業姿を想像する方もおおいのではないでしょうか?

 

版画の技法で【孔版】とよばれるものです。

孔ってなんか難しい漢字ですが、穴の事です。

 

版にあけた穴にインクを押し込むことで、インクが穴から紙や布につくという仕組みです。

 

画像を見ると、木枠にスクリーンがはってありますよね、これが版です。

昔はその名の通り絹(シルク)を使っていましたので、シルクスクリーンによる版画=シルクスクリーン。

 

とはいえ今は耐久性のあるナイロンなどが主流になっています。

 

 

◎大量生産に向いている

 

シルクスクリーンは、デザインの色数ごとに版を作成します。

1度作ればあとは同じものを大量に生産できます

しかもインクの種類が豊富で、希望通りの綺麗な仕上がりになります。

 

枚数が多くなるほど1枚当たりの単価はお安くなりますので

チーム・クラスTシャツや、ユニフォーム、などの大人数向けの印刷をお考えの方にオススメです。

 

逆に言えば、

デザイン/色数によって版を作成する必要があり、版作成費が加算されますので

「1枚だけ作ってみようかな」とお考えの方には割高になります。

 

基準としては、30枚以上の印刷が必要かどうか で考えてみると良いかと思います!

 

 

 

シルクスクリーンでの印刷をご希望の場合は、メールアドレス a.subaru.jp@gmail.com 迄ご相談ください!

参考価格:版作成費7,000円~ 印刷価格800円~

 

 

②インクジェットプリント

 

 

これは、アトリエSubaru内にあるインクジェットプリンター機です!

 

めっちゃ大きいのですが、おうちやコンビニにあるような「プリンター」と同じ仕組みです。

紙や衣類に向けて、インクを”吹き付け”ています。

 

インクは、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック =あお、あか、きいろ、くろ)

 

細かなインクの粒子をかけあわせて表現します!

 

 

◎1枚からの印刷に向いている

 

シルクスクリーンがデザインの色数ごとに版を作成するのに対し、

インクジェットはデータさえあればOK!

モノトーンでもフルカラーでも自由自在です。

 

一枚の印刷からリーズナブルにできるため

作品の印刷によるグッズ化や、プレゼントなど、少数での印刷をお考えの方にオススメです。

 

料金は、印刷の範囲によって【インク量】が変わりますので

大(A3サイズ程度)小(A4サイズ程度)で設定されることが多いです!

 

 

手軽さ+クオリティを求めるなら、インクジェットプリント一択

アトリエSubaruでプリントするメリットとデメリットは?

 

1枚からの少量印刷はインクジェットプリントがオススメと説明したうえで

Subaruが「何を強みにしているのか?」をお伝えしたいと思います。

 

(作品はなかなか売れなくても、Tシャツにしたら売れる!という禁断の魔力の虜と化しております。)

と冒頭にのべましたが、これは「スタッフも絵描きなんですよ!」というちょっとしたアピールです。

 

アトリエSubaruのメインスタッフは、3名共に大阪芸術大学の日本画学科卒のメンバー。

”作り手の気持ちがわかる”ので、お一人おひとりの想いをどう印刷に込められるか。を常に考えています。

 

 

そのためには、まず個別対応が欠かせません。

・手描きの原画をデータ化してほしい。

・シャツの胸元じゃなくて”裾”の方にデザインを印刷したい。

・バランスがいい場所にお任せで印刷したい。

 

等さまざまなご相談をいただきます。

もちろんこれらは全て対応可能!

普段パソコンでの作業に慣れていない方にもご利用いただけます。

 

しかもTシャツ一枚のお値段が。。。A4サイズ印刷1,800円、A3サイズ印刷2,200円

 

Tシャツと印刷のコミコミ価格でこれはとんでもなく安い。

まさに圧倒的な矛盾。

お店でTシャツを買うと、3,000円以上しますよね。

 

自分の好みのTシャツを見つけ出す手間がはぶけて、しかも安い。

お気に入りの作品や、写真を印刷しない手はないでしょう!

 

 

そんなアトリエSubaruで印刷をした場合のメリットと、デメリットをまとめました。

 

メリット

◎Tシャツが、1枚1,800円でできる安さ!

5枚以上になると、1枚当たり150円引き~10枚以上300円引きと、さらにお得に!

 

自分たちが絵描きのスタッフだからこそ掲げる「印刷をもっと気軽に!」”安かろう悪かろう”と妥協はしません。

プリントスター5.6ozの超メジャーでベーシックな素材に印刷するため、安心のクオリティを保ちながらとにかく限界まで値下げしております。

 

素材ラインナップもたくさん用意しており、Tシャツやバッグから、クッション、タンブラー、愛犬用Tシャツに至るまで印刷をたのしんでいただけます!

こういったお言葉が何よりもうれしい瞬間です!

 

デメリット

◎個別対応のためメールでやりとり

 

個別対応を重視するので、印刷のやりとりがメール中心となります!

”こだわり”をカタチにするには、どうしてもメールで2,3のやり取りが必要になります。

 

 

ここがお客様にとって、かなり重要な所かと思います。

 

はっきり申し上げておくと

テンプレートに画像を当てはめて、そのまま印刷できるというサイト様やアプリが多くありますので

急ぎの印刷で、スピード優先で手間をはぶきたいという方は、他社様をオススメ致します!

 

 

”印刷がはじめての方” や ”作品としてこだわりを持っている方”は、ぜひアトリエSubaruへお問い合わせいただければと思います。

 

・手描きの原画をデータ化してほしい。

・シャツの胸元じゃなくて”裾”の方にデザインを印刷したい。

・バランスがいい場所にお任せで印刷したい。などなど様々なご要望にお応えいたします。

 

随時確認をしながら進められますので、「あちゃー!」という印刷後の後悔もありません!

 

プリントスバルで印刷を気軽に楽しみましょう!

 

まとめ

服の印刷にはどんな種類があるの?人気の印刷技術は2つ

①シルクスクリーン

版の作成が必要なので、30枚以上の大量印刷を予定の方にオススメ

②インクジェットプリント

版の作成が不要なので、1~30枚程度で作りたいという方にオススメ

 

安くて速いを求めるなら、インクジェットプリント一択

・アトリエSubaruでプリントするメリットとデメリットは?

 メリット...Tシャツが1枚1,800円でできる安さと、安心クオリティの両立

 デメリット...個別対応のためメールでやりとりが必要です!

 

※プリントスバル【インクジェット】素材ラインナップ一覧

-お知らせ

Copyright© 大阪 泉大津 絵画教室 陶芸 イベント ワークショップ ギャラリー | アトリエSubaru , 2020 All Rights Reserved.