お知らせ ギャラリー ギャラリーブログ

「生活を覗き観るおもしろさ」辻紘生 個展2DAYS 【生活と根源】

投稿日:

「他人の生活を覗き見るおもしろさ」辻紘生 個展2DAYS 【生活と根源】

 

こんにちは‼

ギャラリースバル担当の高山です!

7月は、「白TVS黒T展」の一週間後に

写真個展を控えております!

 

タイトルは、【生活と根源】

 

今回個展初開催となる辻紘生(つじこうき)さん。

 

「家の中」をテーマに

「作家にとっての日常」を写し取った作品から、

鑑賞者は、他人の生活を覗き見るという「非日常」を味わえる。

不思議な矛盾を感じていただけるかと思います。

 

作家プロフィール

辻紘生(つじこうき)

プロフィール

辻紘生
2000年和泉市生まれ

SNS
instagram @spacezizoureach

 

 

展示会コンセプト

 

今回の作品のテーマは「家の中」です。

全て家の中で撮った写真になっています。

 

大きく分けると

「生活感」のある写真と

撮ったらどんな感じになるやろと思って撮った、「実験・挑戦的」な写真の

2種類に分かれます。

 

生活に対する共感やおもしろさを少しでも感じてもらえたらなと思います。

 

 

ギャラリーあいさつ

〜「家の中」について〜

 

唐突ですが。

なんだか他人の家って「におい」がちがいませんか?

玄関を入ると

「あ、この家は、こんなにおいなんだな〜、ふむふむ」と。

無意識にも、意識的にも、敏感に感じ取ってしまいます。

 

招き入れてくれる家主の安心感に反して

という場所が放つにおいは「"君以外"の暮らしがココにある」と

宣言、あるいは威嚇されているような感覚

 

「におい」には、確かな日々の暮らしが凝縮されているように感じます。

(そしてそれは、きっと自分の家も同様に。)

 

「生活に対する共感やおもしろさを少しでも感じてもらえたら」という

作家のねらいにあるように、

他人の生活を「観る」「知る」ことは「非日常的」であり、

どこかスリリングな面白さがあるのかもしれません。

 

この作品展は、

「生活」という"人"の営み、「根源」とも言える"家"の存在

主観的にも客観的にも、「居場所」に対する愛情が深まる展示会です

 

 

開催は7月17日(土)と7月18日(日)の2DAYS!

 

 

 

辻紘生 個展【生活と根源】

7月17日(土)-7月18日(日)

11:00~17:30 (最終日17時まで)

 

 

 

-お知らせ, ギャラリー, ギャラリーブログ

Copyright© 大阪 泉大津 絵画教室 陶芸 イベント ワークショップ ギャラリー | アトリエSubaru , 2021 All Rights Reserved.