大人クラス 教室ブログ

2つの方法でお花を描きだす

投稿日:

お花を見て2種類の表現に挑戦!

じっくり、よく観察してスケッチ
よく見ることで普段気にもとめないようなものが発見できます。

「茎はこんな風にのびていくんだ」
「はなびらの重なりはこうなってるんだ」

そんな”何気ない発見”も絵を描くことの楽しみの1つだったりもするんですよね。

 

さぁ、スケッチができたら次の工程です。

2種類の表現。。。

ひとつは水彩画。

 

色を重ねてどんどん描き込んでいきます。

葉の裏側、付け根から先端、花びらの内と外

緑色の中にもいろんな緑があります。

ちょっとずつ色足して、いろんな色を使っています。

花の色もきれいです。

そして2つ目は、

紙版画での表現です。

紙を切って、貼って、重ねて版を作り、お花を描きます。

花びらを1枚ずつ切って貼って。

思っているより、すこし大変。。。

でも絵の具をつけて版を刷ってみたら

すごくきれいにできていました。

めくるときのドキドキがまたいいですね。


 

-大人クラス, 教室ブログ

Copyright© 大阪 泉大津 絵画教室 陶芸 イベント ワークショップ ギャラリー | アトリエSubaru , 2019 All Rights Reserved.