教室ブログ 陶芸

夏に向けての陶芸「風鈴作り」

投稿日:

定期陶芸教室 講師:瀧本亜佑真
5月18日&25日土曜日

夏の風物詩、風鈴作り

もうすぐ暑い季節がやってきます

少しでも涼しく快適に過ごしたいものですが、長時間のクーラーは少し身体がだるくなることもあります。

たまには窓を開け自然の風に当たるのも良いよね!

そこにチリンチリンと涼しげでどこか懐かしい風鈴の音が聞こえれば素敵だなぁ…!!

という事で今回の講座は夏に向けて風鈴作りです!!!

講座は2回に分かれており、まず第1回は電動ロクロで本体を挽くことと、

舌と言われる中の部品作りです。

今回は出来るだけ高音が鳴るよう 磁器土という少しロクロを挽くのに難しい土を使いましたが、

どなたでも挽いていただけるようサポートさせていただきました

 

舌の部分は薄くスライスした板状の土を自由な形に切り抜きます。

 

 

続いて第2回

多くの陶芸体験では成形で終了しますが、本講座では少し特殊な技法を使い装飾まで行うことで

完全にオリジナルの風鈴に焼き上がります(⌒∇⌒)

まずは前回作ったものを削り、撥水剤という水分を弾く液体を塗ります。

 

 

そしてその撥水剤を削り落として模様を作り、

そこに陶芸用の絵の具を入れると削った模様の部分にだけ色がつくという技法で制作します!

陶器に筆で絵付けするのは慣れていないと難しいものですが、この技法なら誰でも簡単に模様施すことができるのです!

 

作業はこれで完了、後は教室のほうで焼き上げ完成となります。

 

 

こちらは生徒さんの作品です。大胆な草文様が魅力的ですね!

 

焼き上がりが楽しみです😊

 

 

 

 

器だけじゃなく季節に合わせて様々な日用品がつくれることも、陶芸の魅力!!!

ご興味のある方、ぜひ講座内の無料体験にお越しください(⌒∇⌒)♪ Subaruの陶芸教室

 

 

 

-教室ブログ, 陶芸

Copyright© 大阪 泉大津 絵画教室 陶芸 イベント ワークショップ ギャラリー | アトリエSubaru , 2019 All Rights Reserved.