お知らせ ギャラリー ギャラリーブログ

60人募集!アート×印刷「スウェット展」

更新日:

60人募集!アート×印刷「スウェット展」

▲2020年11月「スウェット展」 〜パワーアップして2年越しの開催!〜


【開催スケジュール】

展示会開催期間

2022年 11月20日(日)~11月27日(日)
平日12:00~18:00 土日祝10:00-18:00
(火曜定休 最終日16:00迄)

出展者募集期間

2022年 8月21日(日) ~ 9月末頃迄
募集人数 60名 に達した時点で募集終了)

 


 

【お申込方法】

出展募集要項確認後
申込用フォームに必要なご提出物をご送付
ください


▶︎出展募集要項(PDF)
パソコンでの閲覧/プリントアウト推奨
スウェット展_2022_要項

▶︎申込用フォーム
 https://forms.gle/w5EGx82KfmJnmBds8

 

アート×印刷!2022年「スウェット展」

ギャラリースバル挨拶

スバルの「アート×印刷展」は、作品を衣類にプリントして展示&販売するアートイベントです。2022年今冬の「アート×印刷展」は「スウェット」を印刷キャンバスとして開催します。
絵画・イラスト・写真 etc.多彩なジャンルのアーティストが集い、交流しながら、出展作家さん同士のコミュニティができることも魅力!

本展示会では日本全国から 60人 の作家を募集します
オンラインも活用しますので、在廊がしにくい方でも参加可能です!
この冬を一緒にアートで盛りあげましょう!

【主催】 アトリエSubaru(大阪府泉大津市)「誰もが個性を磨き、活躍できる世の中を作る」という理念のもとイベント企画/アート教室/デザイン/印刷物制作など、アートに関わる様々な事業を行っています。

「アート×印刷展」の歩み

・2019年 8月 白T展
・2019年12月 レーザー木版画展
・2020年 2月 デザインeco バッグ展
・2020年 7月 白T展vol.2
・2020年11月   スウェット展
・2021年  7月 白T vs 黒T展
・2021年11月 パーカ・コレクション
・2022年7月 白T vs 黒T展
・2022年11月   スウェット展 

 

このページでは
アート×印刷「スウェット展」の出展者募集にあたり

「どんな展示会?」や「参加すると良いことあるの?」
まるっとご紹介します。企画詳細は別紙
出展募集要項(PDF)」でご覧いただけますので

本ページをご覧頂いたあと「参加してみようかな?」という方は
ぜひ参加お申込をお願いします。


目次

スウェット展とは?

こんな人に参加してほしい!

スウェット展の特長

アート×印刷展 過去出展者の声

✅よくあるご質問

 

 

スウェット展とは?

一言で言えば。

「多彩なジャンルのアーティストが、作品をスウェットにプリントして展示&販売するアートイベント」です!作品(スウェット)が売れれば売れた分作家にマージン(1枚あたり1000円)があります。

ただ、スウェットへの作品印刷
展示販売 ”だけじゃない” 魅力も盛りだくさんですので

ここから順に紹介していきたいとおもいます!

スウェットについて

今回の素材は、高品質で定番色も”くすみカラー”も選べる
United Athle  10.0オンス クルーネックスウェット(パイル)
ファッショナブルで人気が高いアパレル素材「スウェット」を
多彩なジャンルの作品が映える、印刷のキャンバスとします。

スウェット作品が出来上がる工程

自分好みのスウェットカラーやサイズを選ぶ!

作品を入稿!

ガーメントプリンターで印刷加工

ギャラリー&通販サイトで展示販売

展示するパーカ作品は、会期終了後各作家様へお渡し!

★「作品のグッズ化」を手軽に試せる!

個人で自分の作品をスウェット等のグッズにする場合
「デザイン制作」→「印刷(業者に委託)」→「仕入れ」→「PR」→「販売」→「納品」→「集金」等、
多くの手間とコストがかかる。複数制作した場合、在庫を抱えるリスクもある・・・!

スバルのスウェット展なら!
「デザイン制作」以外の全ての工程をスバルにお任せ!
売れた分だけ印刷なので、在庫リスクもありません!

こんな人に参加してほしい!

アーティスト活動を行う上では
自分の表現方法を追求、探求することに加えて
営業活動や、コミュニティの形成は欠かせません。

しかし
「SNSで発信を行っているが、あまり反応が無い」や
「展示会へ出展をしても特に成果が無く終わってしまった。」

と、これからどう動けばいいか悩ましいのも現実。
(運営スタッフも作家活動をしているので、よくわかります)

〜スウェット展には、ぜひこんな人に参加してほしい!〜

①作品をどのようにPRをすれば売れるのかが分からない。

②自分にはどういう表現方法が合っているのかや、他人からどう見えているのかが分からない。

③コロナ禍ということもあって活動場所がネット中心になり、自分の作品を見てくれる人や他の作家さんとのリアルな交流が少ない。...闇雲にイベントに参加しても特に新たな交流や次への発展がない。

④アートとファッションをコラボさせたイベントがない。

⑤本格的な絵画やデザインの展示会への出展は、コストや格式の面から敷居が高い。

 

【スウェット展】の特長

まず本展示会では、スウェットという手に取りやすい素材の為
絵画やイラストの出展よりも成果につながりやすいです。

前年の印刷展(パーカ・コレクション)では、一人当たり平均3枚の販売実績があります(売上TOPは24枚)
約65%の出展者さんが作品を販売することができました。

★出展作家さん同士のコミュニティができる!
学生からプロまで、多彩な立場&ジャンルの方が出展するため、初めての方も多くいらっしゃいます。
作家同士の繋がりが増えたり、新しいファンがついたり

スバルでの展示会出展は
作品PR・販売・コミュニティづくりにおいて、作家活動の「自信や繋がり」になります。
(但し!PRは出展作家さんご自身もしっかり行って頂かないと成果に繋がり難いです)

 

特長

(1)アートとファッションをコラボさせた、唯一無二の展示会

(2)作品と作家の魅力を最大限に発信する展示会

(3)イベントを盛り上げる様々な仕組み  

(4)作家と一緒"一から作り上げる"展示会

(5)作家のステップアップに繋がる展示会

 

(1)アートとファッションをコラボさせた
唯一無二の展示会

⬆2021年11月「パーカ・コレクション」

ファッション(スウェット)という身近なツールを用いることは
誰にでも気軽にアートに親しんでもらうことが狙いです。

「スウェット展」の企画の全体は
次の4つの目的のもと行っていきます。

企画目的 

  1. 生活に密接な「衣」にスポットをあてた作品展を開催し、アートへの興味・関心を深められること。
  2. ファッションの力 (着る人も”表現者"になれること) を作品展に取り込み、身近なアート体験を実現すること。
  3. つくる人も見る人も主役となれる企画手段を行うことで、自己表現をとおした感動を共有できること。
  4. 作家の個性が存分に発揮され、同時代を生きる作家仲間と交流・切磋琢磨することで個々の活動にプラスとなること。

(2)作品と作家の魅力を最大限に発信する展示会

作家紹介キャプション例

.
.
.
みる人の関心を深め共感を得る▶応援してもらうためには
作家自身のお人柄や、作品制作への想いを伝えることが大切です。

そのため、充実した作家&作品紹介と徹底したPRで作家と作品の魅力を発信していきます。

一例としてあるのが「作家紹介キャプション」

今回は〜より注目度をあつめるデザイン〜を検討中です!
(作家から頂く情報をもとに、運営でデザインを構成します)

 

 

(2)-2 SNS発信について

https://www.instagram.com/atorie_subaru/

作品を多くの人に届けるため積極的にSNS活用します。

いいね投票も設けて
みる人が「参加したくなる作品展」を目指します。
前回展「白Tvs黒T展」でのいいね総数は
5,667いいね(最終日16:00集計)と、過去最高の盛り上がり!

今回の出展作家さんへは
「SNSを通したPRの方法」も事例を交えてお伝えしていきます。

過去最高を塗り替える盛り上げを目指しましょう!

 

(3)アートイベントを盛り上げる様々な仕組み  

実施例:2022年夏「白Tvs黒T展」投票内容と各協賛賞(協賛企業による各賞と副賞内容は目下調整中!)

★他の人の作品と同じ土俵で"競う"中で、表現力を磨くことができる!

鑑賞者の関心を高め
作家のモチベーションになる企画として「投票制度」を設けています。

[現地シール投票(大人/こども)、インスタグラムいいね投票、売上枚数]他

作品への生の反応を感じながら
投票数や販売数を競う中で、様々な表現方法やPRの方法を学ぶこともできます。

〈つくる人⇔みる人〉表現による刺激を与え合い感動を共有しましょう!!

 

(3)-3 売上還元制度について

現地および通販(BASE:ギャラリースバル)での作品販売を行い
★売上マージンは1枚あたり1,000円を各作家様に還元します。

販売は予約販売(=受注生産)にて行います。
※会期終了後に予約数集計後印刷加工▶ご購入者様へ納品!

 

(4)作家と一緒に"一から作り上げる"展示会

スバル館内1階での「ものづくり体験会」(作家主体) ... 2階ギャラリーと連動したイベントで、多くの方と作家独自の技法体験を通した交流を生みました

★出展作家さんや来場者様との交流の機会

「スウェット展」会期中には
連動型イベント(作家によるものづくり体験会)等

大枠や日程は決まっているが、内容は作家と組み立てていく。
という会期中の交流企画がいくつかあります!

「おもしろそう!」「関わってみよう!」と
興味をもってくださる作家さんと一緒に形作っていきます!

イベントの実施や事前の広報などは随時参画募集をさせていただきます。
(任意参加です!)

(5)作家のステップアップに繋がる展示会

★作品の販売やPRの方法を学べる!
●展示会開催に向けた「オンライン説明会&PR力アップのためのミニセミナー」(10月中旬予定)
●展示会設営後の「作家交流会(前夜祭)
●会期中に行う「スポンサー企業との交流会

など!
「スウェット展」で関わる作家のみなさんお一人おひとりが
「次につながる成果」を残せるよう、運営として念入りに準備をしています。

アート×印刷展 過去出展者の声

出展作家さんの声

①Omitsuさん

出展展示会:白Tvs黒T展vol.1(2021夏)、パーカコレクション(2021冬)、白Tvs黒T展vol.2(2022夏)
.
「出典したことがきっかけで、色々な方と繋がることができ、企業様とのコラボレーションや飲食店での展示販売などを達成することができました。」
「創作活動への活力が湧いてくるイベントですので、ものすごくおすすめです!



②WANiさん


出展展示会:白Tvs黒T展vol.2(2022夏)
.
「会期前後で、200名前後のフォロワーが増えました。また、SNS上で自身の存在を知る人が増えて、創作活動の依頼やPR案件の依頼が増えました。」
「作家同士の繋がりが増えたため創作活動の刺激になり、また注目するアートの幅も広がりました。」
(会期後は一緒に出展した写真家さんの影響で、写真などにより興味を持つようになりました。)

 

「文化祭みたい」と表現してくださる作家も多くいらっしゃいます。
一緒に作り上げる展示会だからこそ、個人そして団体として実現できることが多くあります。

販売も繋がりも、ここでしっかりとPRすれば、必ず成果は出ます。

スバルとしてもさらに企画をパワーアップしていますので
一緒にがんばりましょう!

 

 

よくあるご質問

Q1. 展示会場から遠く、会期中会場に行けないかも知れないのですが、参加できますか?
A1. オンライン展示会場も準備していますので、是非ご参加下さい。
・展示会場は大阪ですが、北は北海道から南はハワイまで、国境/国籍を超えて多くの方にご参加頂いています。
・会場に来られない方も、オンライン展示会場(インスタ)での観覧やPR、投票ができ、楽しんで頂いています。
また販売自体も、 現地と通販(BASE)が半々ぐらいですので、現地もオンラインも同じように盛り上がっています。


Q2. PCではなく手描きの作品なのですが、スウェットにして展示できますか?

A2. もちろん大丈夫です。
写真データで送って頂ければ、スバルにてデジタルデータに加工し、スウェットに印刷させて頂きます。

(その場合、データ加工費として1,000円頂きます)


Q3. 参加するには「審査」がありますか?

A2. 審査は設けておりません。
熱意のある作家さんとプロ・アマ問わず交流し、この冬をアートで盛り上げたいと思います。

 

 

 


ご質問、お申し込みはこちら

【開催スケジュール】

展示会開催期間

2022年 11月20日(日)~11月27日(日)
平日12:00~18:00 土日祝10:00-18:00  (火曜定休 最終日16:00迄)

出展者募集期間

2022年 8月21日(日) ~ 9月末頃迄(募集人数 60名 に達した時点で募集終了)

【お申込方法】

出展募集要項確認後
申込用フォームに必要なご提出物をご送付
ください


▶︎出展募集要項(PDF)
パソコンでの閲覧/プリントアウト推奨
スウェット展_2022_要項

▶︎申込用フォーム
https://forms.gle/w5EGx82KfmJnmBds8


【ご質問はお気軽に!】
▶公式LINE
https://kyoshitu.design/line-2/

0725-21-1363

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

これまで年2シーズンで行ってきたスバルの「アート×印刷」展は
回を重ねるごとに、作家の想いが反映できる展示会となってきて
その分どんどんとパワーアップしています。

これまでに参加したことがある方はもちろん!
初めての方も安心してご参加いただけるよう密にフォローさせていただきますので

ぜひ「よし。参加してみよう。」
という方は上の「出展募集要項(PDF)」から、お申込手続きをお願いいたします!

〈2022年7月のアート×印刷展「白Tvs黒T展」の様子〉はコチラから
https://kyoshitu.design/2022shirokuro-hurikaeri/

 

 

 

-お知らせ, ギャラリー, ギャラリーブログ

Copyright© 大阪 泉大津 絵画教室 陶芸 イベント ワークショップ ギャラリー | アトリエSubaru , 2022 All Rights Reserved.